活動内容

三役・事務局

役職 名前
会長 東 隆子
副会長 小林 規矩夫
副会長 中藤 清
会計 堰沢 みどり
会計補佐 佐藤 公彦
事務局長 岡村 明信

活動内容

<平成29年4月現在数・沼津市内211子ども会(20校区)児童数 7,087名>

 沼子連では様々な活動を行っています。
・主催団体として行っているのが「砂の造形大会」と「子ども会球技大会」と
 「リーダー育成事業」で、沼子連三大事業と言われています。 
 沼津市に住む子どもが参加対象となり、子ども会活動の補助となるよう企画
 運営しています。 
 砂の造形大会は一般参加子ども会と同等の組織が参加する部門に別れています。
 球技大会は、子ども会が参加条件となっています。
・リーダー育成事業として「沼津市子ども会リーダースクラブ(NLC)」と
 「クラブキッズ(CK)」を 年間を通して行っています。
 NLCは今年度から中学生を主体として、クラブキッズとともにリーダー育成を
 行って行きます。
 年度末には「フレッシュリーダー講習会」を企画・開催し、地域小学生へリーダー
 指導を行っています。
・沼子連の補助事業として「チャレンジ子ども会」というものがあります。
 これは子ども会が行ったり体験した事業を、年度末に行われる「新世話人研修会」
 において、活動の報告 をしていただくことを条件とし、沼子連から活動の助成金を
 お渡ししています。
・県子連からの補助事業として「チャレンジ冒険遊び事業」:「こども体験・交流
 推進事業」:「子ども会活動安全推進事業」:「父親参加型交流開催事業」などが
 あります。※1
・他には『沼津市青少年育成連絡協議会』の一員として「子どもの遊び王国in沼津」
 の開催したり 狩野川とうろう流しの際には、「手作りとうろう流し」
 こいのぼりフェスティバルでは「泥団子作り体 験」などを行っています。
・広報活動として、年に1回の「こぶし」の発行と、情報誌として「こぶしっこ」を
 年に2回発行しています
・また、「安全共済会」に加入することで万が一の事故に備えていただいています。

・補助事業には補助金が給付されますので、ご興味があるかたは各校区の
 校区長に確認しててみてく ださい。

 ※1今年度は「チャレンジ冒険遊び事業」と「子ども・乳幼児ふれあい
  交流事業」の助成を受けられます。。